ICレコーダー本体を送っても文字に起こしてもらえるか

TEL. 050-5534-8054

テープ起こしの佐藤編集事務所

お知らせHEADLINE

HOMEテープ起こしコラムその他 記事一覧 → ICレコーダー本体からのテープ起こしについて

ICレコーダー・ボイスレコーダー本体から文字に起こせるの?

●音声ファイルをパソコンに移動できない方もいるので

お勤め先でのお仕事や研究活動などの関係で、録音した音声のテープ起こしが必要となったとします。そのとき、録音をICレコーダー(ボイスレコーダー)で行うのは、いまや一般的なことです。

現在は、ICレコーダーで録音した音声はパソコン等へ移動して、その音声データをインターネット上の大容量ファイル転送サービスや、自社・自校のサーバーにアップロードして、 テープ起こし業者に引き渡す方法がよく取られます。

しかし、中にはICレコーダーで録音した音声データを、パソコン等へ移すことができないという方もいらっしゃいます。これはICレコーダーが旧式のため、音声データの移動が簡単にできない、あるいはUSB端子や接続ケーブルやソフト等がなくてできない、といった理由によります。

あとは、お客様の知識が不足のため、ICレコーダーから録音した音声を取り出せないという方もいらっしゃいます。 ご依頼元のお客様からどうやっても音声ファイルを取り出せないと言われ、仕方ないのでICレコーダーの本体を送ってもらったところ、当方で見たらスライド式のUSB端子がちゃんとあって、それをパソコンへ差し込むだけで解決、 なんてこともあります。

●ICレコーダー・ボイスレコーダー本体からのテープ起こしはもう限界か

ICレコーダーが普及し始めたころは、上記のような音声ファイルの移動ができないケースもまだまだ多かったので、お客様からレコーダー本体を送っていただき、テープ起こし・文字起こししていた時期もありました。

今も、その方法で録音した音声を文字に起こすこともありますが、できればICレコーダー本体の送付は避けてほしいものです。やはり、輸送中の故障もあり得ますし、当方が初めて触る、 または使い慣れていない機種のレコーダーも当然ありますから、操作ミスがないとは言えません。

当方にお問い合わせをいただくお客様の中にも、他業者から「レコーダー本体の送付は断られた」という方もいらっしゃるので、 もう受け付けていないところもあるのでしょうね。

ICレコーダー(ボイスレコーダー)自体も、筒状の細長い単体機がずっと主流でしたが、今やスマートフォンに内蔵のレコーダーを使用する方が増えています。もしかしたら、もう逆転しているのかしれませんが。

そうなると上述したような問題はどんどん減っていくでしょうから結構なことですが、これがまた違う問題がいろいろ出てくるんですよね。

バナースペース

カテゴリー

カテゴリーTOP

テープ起こしのご依頼

当事務所のテープ起こしサービスについてくわしくお知りになりたい方、すぐにご依頼されたい方は、下記のリンクまたは本ページタイトル下のメニューバーから、ご関心のある項目をご覧ください。

テープ起こしの佐藤編集事務所

当事務所では、全国の大学・企業・自治体・行政機関などからテープ起こしや反訳をお受けしています。特定の政治信条・思想・宗教などを支持・信望してはおりませんので、どなたからもテープ起こしや反訳をお受けしております。