本文へスキップ

会議のテープ起こし・文字起こしで議事録を作成

TEL. 050-5534-8054

テープ起こしの佐藤編集事務所

録音場面HEADLINE

HOMEテープ起こしコラム録音場面 記事一覧 → 会議のテープ起こし

会議はテープ起こしの定番。HPに議事録の掲載もふえている。

■人が集まるところに会議は必ずあるものです

会議のテープ起こし

テープ起こしの対象としては、とても多い録音場面のひとつが会議です。 昔から議事録・会議録の作成に、テープ起こしは用いられてきました。

会社、学校、行政機関など、業種や業界、それから組織規模に関わらず、会議や話し合い、ミーティング、打ち合わせ等は必ず行われるといっていいでしょう。近年は、テレビ会議やインターネットを利用して遠隔地を結んだ会議などもふえています。

会議の種類にもいろいろあって、営業会議、編集会議、報告・連絡会議、意思決定会議などのほか、アイデアを出すために行われるブレインストーミング(ブレスト)や、近年は会議の一形態としてファシリテーションという言葉もよく聞きます。もちろん、これらの会議はテープ起こしの対象となり得るものです。

われわれが皆んさんにテープ起こしや文字起こしのイメージを尋ねると、「議事録とかの作成をするやつでしょ」といった答えをされる方も少なくありません。比較的に年配の方のほうが、その回答が多いです。

■会議のテープ起こしをHPに掲載する団体も増えています

「会議を減らそう」というスローガンを掲げるところは少なくないですが、これは逆に言えば、それだけ会議が多いということにほかなりません。どんな活動にしろ、人が集まって話し合いを行うことは、古今東西、ずっと行われてきたことです。これからもなくなることはないでしょう。

したがって、会議のテープ起こしの需要はとても多くあります。記録・保存用としてテープ起こしした議事録を残す場合から、研究や事業に利用するケースなど、さまざまに利用されています。公的機関ですと、近年は議事録・会議録をホームページに掲載し公表するところもふえています。

もちろん当事務所においても、長年にわたり会議のテープ起こしをし多数承り、議事録・会議録を作成するサポート行ってまいりました。

・より精度の高い議事録を作成するコツ

最後に、テープ起こしから議事録を作成する際、そのクオリティを高めるためのコツを一つご紹介します。

会議の内容から議事録を作成することが事前にわかっていることも多いと思います。そのようなときは、会議が始まる前に議長や司会から「発言者は所属と氏名を名乗ってから発言してください」等の注意がありますと、議事録にしたときに発言者が明確にわかって精度が高くなります。

バナースペース

カテゴリー

カテゴリーTOP

テープ起こしのご依頼

当事務所のテープ起こしサービスについてくわしくお知りになりたい方、すぐにご依頼されたい方は、下記のリンクまたは本ページタイトル下のメニューバーから、ご関心のある項目をご覧ください。

テープ起こしの佐藤編集事務所

当事務所では、全国の大学・企業などにテープ起こしサービスをご提供するとともに、テープ起こしライターへの様々な情報提供を行っています。