本文へスキップ

講演会のテープ起こし・文字起こしから本をつくる

TEL. 050-5534-8054

テープ起こしの佐藤編集事務所

録音場面HEADLINE

HOMEテープ起こしコラム録音場面 記事一覧 → 講演会のテープ起こしから本を作成

講演会をテープ起こしして本や電子書籍を作成できます

●講演会の録音から本を作るお客様が増えています

「講演会の録音から本を作りたいので、テープ起こしを頼めますか」と、お客様から尋ねられることがときどきあります。先日も、ある医療関係の会社から同様のお問い合せがありました。 そちらは本といっても電子書籍化を考えられているようでした。

講演のテープ起こしというと、出版関係のお客様ですと本や雑誌記事を作成される目的が多いです。出版社以外のお客様ですと、昔は記録・保存用のため依頼されることが多かったと思います。 無論、テープ起こしを発注される目的を、すべてのお客様に聞いているわけではないので、正確なところはわかりませんが。

しかし近年は出版とは関係のない一般企業や団体でも、本や電子書籍化を目的にテープ起こしを発注されるお客様がふえている印象があります。とくに電子書籍のほうが、その傾向が顕著といえます。

●テープ起こしから本を作成すれば速くて簡単

本づくりは様々な専門知識やノウハウが必要であり、出版や編集のプロでないと、なかなか大変な仕事です。その作業を軽減する方法というのもあり、テープ起こしを利用するというのもそのひとつです。

つまり、テープ起こしした文書をもとに、本などの原稿を作成するわけです。特に電子書籍の作成は、テープ起こしから作成すると製作過程の時間や労力はかなり短縮・軽減できます。

この方法のメリットは、ゼロから原稿を書くのに比べて、原稿作成の労力が圧倒的に少なく済みます。著者が作家やライターならともかく、一般の人(会社)が本を出そうと思ったら、 原稿を書く作業はかなりの負担になります。

テープ起こしした文書もそのまま原稿にできるわけではないですが、ゼロから書くのに比べたら手間も時間も相当に少ないです。

もちろん、講演に限らず、インタビューや座談会からも本をつくることは可能です。ただ、話の内容がまとまっていて、図表や写真などもそろっていることが多い講演会のほうが、本にしやすいといえます。当事務所では、講演や各種の録音のテープ起こしをいつでもお受けしておりますので、ご興味があればいつでもお問い合せください。

バナースペース

カテゴリー

カテゴリーTOP

テープ起こしのご依頼

当事務所のテープ起こしサービスについてくわしくお知りになりたい方、すぐにご依頼されたい方は、下記のリンクまたは本ページタイトル下のメニューバーから、ご関心のある項目をご覧ください。

テープ起こしの佐藤編集事務所

当事務所では、全国の大学・企業などにテープ起こしサービスをご提供するとともに、テープ起こしライターへの様々な情報提供を行っています。