挨拶(あいさつ)のテープ起こし・文字起こしについて

TEL. 050-5534-8054

テープ起こしの佐藤編集事務所

録音場面HEADLINE

HOMEテープ起こしコラム録音場面 記事一覧 → 挨拶(あいさつ)のテープ起こしについて

儀礼的なものから講演形式まで、いろいろあります。

あいさつ(挨拶)のテープ起こし

■挨拶もテープ起こしの対象になる

テープ起こしの対象となる挨拶(あいさつ)は、儀礼的な短いものよりも、やはりある程度まとまった時間、話されたものになります。

たとえば、大きな催し・イベントの際には、必ず主催者などから挨拶がありますが、それらを文字に起こすことが多いです。

大抵は、挨拶だけというよりも、講演や会議などその後のプログラムも含めて文字に起こして欲しいという依頼が多いです。

挨拶は儀礼的な内容もありますけれど、その後の催し物の導入となるようなイントロ的な話もありますし、全体を俯瞰しての総論的な話や開催趣旨が語られることも多いです。

■トップの挨拶を活用する

その他にも挨拶を戦略的に活用するケースもあります。会社の朝礼で話される社長の挨拶をテープ起こしにより文字に起こして、印刷物や社内ブログ、SNS等で掲載しているようなケースです。

また、インターネット社会になっている今、例えば本社のトップのメッセージを全社的に浸透させるということにも利用されています。

挨拶(あいさつ)というと、かつてはあまり重視されないこともありました。しかし、社員へのビジョンの伝達や、あるいは社内のモチベーションを高めたり、ビジョンの共有、 もっと現実的にいえば営業推進にも役立つものです。単に映像や音声だけでなく文字化することで、その活用範囲はいっそう広がります。

バナースペース

カテゴリー

カテゴリーTOP

テープ起こしのご依頼

当事務所のテープ起こしサービスについてくわしくお知りになりたい方、すぐにご依頼されたい方は、下記のリンクまたは本ページタイトル下のメニューバーから、ご関心のある項目をご覧ください。

テープ起こしの佐藤編集事務所

当事務所では、全国の大学・企業などにテープ起こしサービスをご提供するとともに、テープ起こしライターへの様々な情報提供を行っています。