講義や授業のテープ起こし・文字起こしについて

TEL. 050-5534-8054

テープ起こしの佐藤編集事務所

録音場面HEADLINE

HOMEテープ起こしコラム録音場面 記事一覧 → 講義のテープ起こし

通常の講義や退官する教授の最終講義をテープ起こしします。

■教育現場での講義をテープ起こしします

講義のテープ起こし

教育関係からのテープ起こしを、当事務所ではお受けすることがよくあります。その中で、学校やそのほかの場面で行われる講義や授業も、テープ起こし音声の対象となることがよくあります。

言うまでもないですが、講義は大学などの高等教育機関における授業の一方法で、学問の方法、 成果、また研究対象などについて説き聞かせることです。

こうした文字化のご依頼元は大学院・大学や専門学校のほか、セミナー等の講義を行政機関、企業かなどらお受けすることも少なくありません。

講義のテープ起こし・文字起こしは単に保存用としてというよりも、明確な利用目的をもって発注されることが多いです。例えば、講演録を掲載した抄録、書籍化、講義等の資料作成、あるいは近年ではサイトに掲載したり、ダウンロード用にサーバーにアップしたり、デジタルコンテンツに用いられることもあります。

■退官される先生の講義を起こすこともあります

通常の講義のテープ起こしだけでなく、近年は退職される教授の最終講義のテープ起こしもふえています。これはよく出版化されることもあります。

当方でも最終講義のテープ起こしはいくつか文字に起こさせていただきました。当方で起こしたものではないですが、退官される先生の最終講義がベストセラーになったりしていますね。

参考までに、大学設置基準の定義では、授業の方法として、講義、演習、実験、実習、実技があるとされています。また、講義は座学とも呼ばれることもあります。 テープ起こしとは直接的にはあまり関係ないですが、ご参考までに記さしていただきました。

バナースペース

カテゴリー

カテゴリーTOP

テープ起こしのご依頼

当事務所のテープ起こしサービスについてくわしくお知りになりたい方、すぐにご依頼されたい方は、下記のリンクまたは本ページタイトル下のメニューバーから、ご関心のある項目をご覧ください。

テープ起こしの佐藤編集事務所

当事務所では、全国の大学・企業などにテープ起こしサービスをご提供するとともに、テープ起こしライターへの様々な情報提供を行っています。