本文へスキップ

より真実に近い音声の文字化とは

TEL. 050-5534-8054

テープ起こしの佐藤編集事務所

真実に近いテープ起こしについてHEADLINE

真実により近いテープ起こしとは

HOMEテープ起こしコラムテープ起こしとは → 真実により近いテープ起こしへ

真実により近いテープ起こしとは

●読みやすくすることで真実に近づくこともあります

話し言葉をテープ起こしした文章を読み手に理解しやすいように、話し言葉に特有な余計な言葉、言い間違い、重複した部分を削除したりすることがあります。 この作業は、いわゆる「ケバ取り」と呼ばれます。

さらに、言い掛けの言葉を補ったり、倒置を直したり、切れ目のない長い文章を短文に区切ったりして、文章として読みやすいように整える場合もあります。これはリライト(整文)と呼ばれることもあります。

実際には、ケバ取りとリライトは明確に分けられるものではありませんが、話し言葉を読みやすい文章にするという意味では同じ目的の作業になります。

音声の内容を文章にして人に伝えるというのは、話されたままが必ずしも真実に近いとは言い切れません。むしろ、ケバ取りやリライトをするほうが、真実に近づく場合もあるのです。

●伝えたいことは何かがわかるのが大切

わたしはこれまで、インタビューの録音を文字に起こして、それを基に多数の記事を作ってきました。 その際、テープ起こししたままの原稿を取材相手に見せると、「こんなこと言ったかな」といわれる方もいらっしゃいます。

ところが、リライトして読みやすくした原稿を見せると、その内容に納得していただけることが多いものです。それは話し手が伝えたかったことが、よりわかりやすい形で文章になっていたからでしょう。

畑で収穫した野菜だって、土で汚れたままだと、その野菜の本当の姿はよくわかりませんよね。

テープ起こしとは-もくじ-

  1. 音声面の特徴
  2. 意味面の特徴
  3. 話し言葉の特徴
  4. 会話の特徴
  5. 非言語コミュニケーション
  6. 音声を文字化したときの問題点
  7. 真実により近いテープ起こしとは

バナースペース

カテゴリー

カテゴリーTOP

テープ起こしのご依頼

当事務所のテープ起こしサービスについてくわしくお知りになりたい方、すぐにご依頼されたい方は、下記のリンクまたは本ページタイトル下のメニューバーから、ご関心のある項目をご覧ください。

テープ起こしの佐藤編集事務所

当事務所では、全国の大学・企業などにテープ起こしサービスをご提供するとともに、テープ起こしライターへの様々な情報提供を行っています。