本文へスキップ

人が話す音声にはこんな特徴がある

TEL. 050-5534-8054

テープ起こしの佐藤編集事務所

音声面の特徴についてHEADLINE

HOMEテープ起こしコラムテープ起こしとは → 音声面の特徴

音声を文字化するテープ起こしについて考えてみよう

テープ起こし 音声面の特徴について

録音した話の「音声面の特徴」について

■言葉は聞く人によって印象が異なります

いろいろな音声のテープ起こしを行っていると、録音された話というのは音声として捉えられる面と、意味として捉えられる面があることがわかります。

テープ起こしにおいて、音声という面でよく問題になるのは、耳で聞いた音声についてきちんと文字に変換できない場合や、起こす人によって変換の仕方が変わってくる場合があるということです。

例えば、会話中にある話し手が相手の言うことに対して「そうか」と答え たとします。 それを文字にしたときに、ふつうは「そうか」と表記します。

ところが 、話し手の感情やその場の様々な状況によって、音声としての聞こえ方は微妙に変わってくるものです。そこで聞こえたままを文字にすると、「そっか」「そうか…」「そうか?」「ああ、そーかー」「そうかぁ」など、 起こす人によって違ってきます。

■文字化の仕方でライターの技量がわかります

音声を聞こえたままに起こすのがテープ起こし・文字起こしの基本になります。 その際、聞こえた音声をどのように文字化するかは、作業者であるライターの経験や技術によります。

音声面に着目して起こすことが肝要ですが、そこにとらわれ過ぎると、文章表現としては不完全なものになってしまいます。このあたりのバラスンの取り方も、テープ起こしライターの実力が問われるところです。

テープ起こしとは-もくじ-

  1. 音声面の特徴
  2. 意味面の特徴
  3. 話し言葉の特徴
  4. 会話の特徴
  5. 非言語コミュニケーション
  6. 音声を文字化したときの問題点
  7. 真実により近いテープ起こしとは

バナースペース

カテゴリー

カテゴリーTOP

テープ起こしのご依頼

当事務所のテープ起こしサービスについてくわしくお知りになりたい方、すぐにご依頼されたい方は、下記のリンクまたは本ページタイトル下のメニューバーから、ご関心のある項目をご覧ください。

テープ起こしの佐藤編集事務所

当事務所では、全国の大学・企業などにテープ起こしサービスをご提供するとともに、テープ起こしライターへの様々な情報提供を行っています。