本文へスキップ

FAQ-テープ起こしに出す音声はどうやって送ればいいか

TEL. 050-5534-8054

佐藤編集事務所

録音した音声の送り方HEADLINE

HOMEテープ起こしFAQ → 録音音声はどうやって送るか

Q5.録音した音声はどうやって送ればいいですか

テープ起こし音声の送り方A. テープ起こしの対象となる録音音声の送付方法は、どのような機器で録音されたか、また記録メディアに収録されたかによって、最適な送付方法が異なります。

おもな方法としては、インターネット上でサービス提供しているファイル転送サービスをご利用するか、郵送・宅配便で送るかのいずれかです。

  • ファイル転送サービス
  • 郵便・宅配便


また、ファイル転送サービスと原理は同じですが、お客様のお勤め先のサーバーに音声をアプロードしていただき、当方で取りに行く(ダウンロードする)方法でも、もちろん構いません。

音声送付についてのくわしい方法は、当サイトの「音声の送付方法」ページで具体的に説明しておりますので、そちらをご覧ください。

音声送付方法の詳細はこちら

ファイル転送サービスを利用されると、郵送(宅配便)に比べて時間も費用も節約できます。ただし、パソコンが苦手な方など、ファイル転送サービスは使い慣れていないと手間取ることもあります。そのようなときは、無理をせずに記録媒体に音声を入れて、当事務所まで郵便や宅配便でお送りください。

・メール添付では音声を送らないほうが無難

音声ファイルをメール添付で送るのは、原則として行わないようにお願いします。テープ起こしに出される音声は大抵、録音時間も長いのでデータ容量が大きくなるために、メール添付で送るとエラーになる可能性が高いです。

録音時間や録音方法などで音声データの容量は異なってきますので、絶対に送れない(エラーになる)ということはないですが、メール添付は使わないほうが無難でしょう。

なお、当事務所では、どのような送付方法であっても音声データが届いたら録音状態などを確認し、受け取り完了した旨をお客様にメールでご連絡しております。

テープ起こしFAQ一覧

  1. テープ起こしを依頼するにはどうすればいいですか
  2. テープ起こしのおもな依頼元・業界は
  3. 録音音声はどんな記録媒体に収録すればいいの
  4. 聞き取りづらい音声も文字に起こしてくれますか
  5. 録音した音声は、どうやって送ればいいですか
  6. 「標準コース」とはどんなコースですか
  7. 「リライトコース」とはどんなコースですか
  8. 「ケバ取り」とはどのようなものですか
  9. 逐語起こしを頼めますか
  10. テープ起こしした文書のファイル形式は
  11. 起こした文書の書式を指定できますか
  12. テープ起こし「標準コース」の料金は
  13. テープ起こし「リライトコース」の料金は
  14. 見積りは出してもらえますか
  15. 納期の目安を教えてください
  16. 通常より早く納品してもらうことは可能ですか
  17. 納期短縮により料金が変わってきますか
  18. テープ起こしした文書の納品方法は
  19. テープ起こし代金の支払方法は
  20. 公費・科研費での支払いは可能ですか
  21. 秘密保持契約とはなんですか

バナースペース

おもなコンテンツ

佐藤編集事務所

全国各地からテープ起こし・反訳のご依頼をお受けしている専門業者です。講演、インタビュー、会議等の録音音声をお送りいただけましたら、専門のテープ起こしライターが正確な書き起こしテキストを作成します。 ご依頼は当サイトの専用フォームから、24時間いつでもお申し込みできます。見積り完全無料。

営業時間
(平日)9:00-18:00
ネット受付は年中無休
TEL 050-5534-8054

事務所所在地:千葉県松戸市