本文へスキップ

テープ起こし・文字起こしの副業・バイトを在宅ワークで始めたい!

TEL. 050-5534-8054

佐藤編集事務所

在宅でテープ起こしを行うための環境づくりHEADLINE

HOMEテープ起こしお仕事情報TOP → 在宅ワークの環境作り

在宅ワークの環境づくり

在宅ワークやSOHOでテープ起こしを始めたいという人は少なくないようです。仕事を始めるには、どんな環境やものを準備すればいいのでしょうか。

テープ起こし(文字起こし)を在宅やSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)で行っている方や、これから始めたいという方もいらっしゃることでしょう。

「テープ起こしはパソコン1台あればできる」とよく言われます。確かに大げさな機器は用いませんし、テープ起こし(文字起こし)の作業自体も、仕事の進め方などを見ても、在宅ワークやSOHOに向いているといえます。

テープ起こしは、基本的にはパソコン1台あればできるというのは、けっして嘘ではありません。そうはいっても、以下の環境ぐらいは準備したり、整えておいたほうがいいでしょう。

パソコン関係の環境

  1. 仕事用として使えるパソコンをもっている。
  2. インターネットに接続できる。
  3. メールが使える。
  4. 音声再生ソフトが使える。
  5. 文書作成ソフトが使える。
  6. 圧縮・解凍ソフトが使える。
  7. セキュリティソフトを入れている。

パソコン以外の環境

  1. テープ起こし作業ができる部屋がある。
  2. 仕事用に使える電話(携帯)・ファックスがある。
  3. カセットテープ・MDの音声を再生する機器をもっている。
  4. 音声を聞きやすいヘッドホンやイヤホンをもっている。
  5. 記者ハンドブックなど用字用語集を持っている。

まだあるかもしれませんが、ざっと挙げると主なところはこんな感じでしょうか。また、ここで挙げたのは作業に関連する項目で、このほかに事業主として準備しなければならないこともあります。

さて、上記項目について、少し補足します。パソコン関係の環境の1番「仕事用として使えるパソコン」というのは、必ずしもハイスペックなパソコンという意味ではありません。画像や映像を編集したりするわけではないですからね。テープ起こしの作業だけに関して言えば、現在市販されているパソコンであれば、よほど廉価なものでなければ用は足りるでしょう。

それよりも、機密性の高い音声を聞いたり、それを文書に起こしたりするわけですから、遊び用や家族と共用で使用しているパソコンは、あまりおすすめできません。

また、個人により好みはありますが、作業のしやすさという点では、ノートパソコン(タブレットPC)よりデスクトップパソコンのほうが使いやすいく、疲れないという方が多いです。スマートフォンについては、年々、高機能になり文字入力などもやりやすくなっていますが、私の知る限りではスマホで長時間のテープ起こしをしている人はいませんね。

テープ起こしは一日中、文字を入力していることもあるので、この点の対策もおろそかにしないほうが、在宅ワークが長続きします。首・肩のコリや目の疲れなどの不定愁訴がひどくて、せっかく始めたテープ起こしを休業してしまう方も、なかにはいらっしゃいます。 運動や休憩はもちろん、室内の明るさや机・イスなどの環境にも気を配りたいものです。

パソコン以外の環境のところで、1番の「テープ起こしできる部屋がある」は、住宅事情にもよるので、なかなか理想通りには準備できないかもしれません。ただ、音声を聞いて文字入力する仕事なので、当然のことながら静かな環境のほうが作業効率も上がります。

また、テープ起こしでは機密性の高い内容の音声や文書を扱うことになります。同居している家族や来客などに、簡単に文書を見られる、音声を聞かれるような環境というのは好ましくないでしょう。ノートパソコンに仕事のデータを入れて、外へ持ち出したりテープ起こし作業するようなことも控えた方がいいと思います。

その他、挙げた項目のなかで、近年その必要性が低くなっているものに、ファックス、カセットテープ・MDの再生機器があります。もちろん、あったほうがよいですが、個人で在宅ワークするレベルならば、今はなくてもなんとかなるぐらいの必要度になっています。

余談ですが、ファックスやカセットテープの再生機器は、ひと昔前は「あったほうがいい」どころか必需品でした。テープ起こしに限ったことではないですが、技術や機器の進歩は非常に早いものです。 したがって必要な環境というのもどんどん変化していくということですね。

ヘッドホンやイヤホンは、音声をより正確に、そして集中して聴くために必要です。また、上述したとおりテープ起こしでは機密性の高い音声を聞くことになるので、 音声が第三者に聞こえるような環境はよくないでしょう。また、ヘッドホンやイヤホンはなるべく高性能のものを選ぶようにします。高ければいいというものでもないですが、 100円ショップで売っているような安物のイヤホンは、仕事で使うのは控えたほうがよいと思います。

バナースペース

おもなコンテンツ テープ起こしのご依頼

テープ起こしをご依頼されたい方は、下記のリンクまたは本ページタイトル下のメニューバーから、応募に必要となる項目をご覧ください。

テープ起こしの佐藤編集事務所

当事務所では、全国の大学・企業・各種団体・NPO・個人事業主などから、テープ起こし(文字起こし)のご依頼をお受けしております。また、音声文字化に関心をもつ方や、テープ起こしライターを目指している方、在宅ワークを希望されている方に、様々な情報提供を無償で行い、業界の活性化に貢献しておりいます。