本文へスキップ

テープ起こしのコツ−パソコンの使用が前提です

TEL. 050-5534-8054

佐藤編集事務所

テープ起こしはパソコン使用が前提HEADLINE

HOMEテープ起こしのコツ → パソコンの使用が前提

テープ起こしはパソコンで行います。

テープ起こしのコツ-パソコン使用が前提●ICレコーダーで録音し、パソコンで文字入力します

ここでは、これからテープ起こしをご自身で行ってみようという方のために、必要な準備や起こし方のコツをご紹介します。

前提条件としては、ICレコーダー(ボイスレコダー)で録音したデジタル音声を、パソコンの音声再生ソフトや文書作成ソフトを使って文字化するという、現在もっとも一般的な方法を想定しています。

また、テープ起こしの作業とは直接関係ありませんが、仕事としてテープ起こしを行う場合、お客様との連絡であったり、音声や文書のやり取りはすべてメールやインターネットを利用して行われます。つまり、事務関係の業務やコミュニケーションのツールとしても、パソコンなしでは成り立たないといえるでしょう。

●人の耳で音声を聴いて文字に起こします

音声を文字に起こす作業は人力によります。つまり、作業者が自分の耳で音声を聴いて、自らキーを叩いて文字入力するということです。 したがって、テープ起こしの作業をするライターは、音声(言葉)を正確に聞き取る“耳の良さ”や、大量の文字データをスピーディーに入力するタイピングのスキルが求められます。

なお、音声認識ソフトを用いて自動的に文字化する方法もあり、近年、その技術はかなり進んできました。しかし、聞き取りづらい音声における文字化の精度や、長時間の録音音声への対応、ソフトの使い勝手など、実用で使うにはまだまだ問題も多いのが現実です。

●テープ起こしの名称について

テープ起こしという名称については、文字起こし、音声起こし、書き起こし、ボイスリライト、反訳など、いろいろあります。いまやICレコーダーが録音機材の主力となっているのが現状ですが、いまだ名称としては根強く、そして広く普及している「テープ起こし」という呼び名をここでは用いています。

テープ起こしのコツ−もくじ−
  1. パソコンを使うことが前提
  2. 準備するもの―ICレコーダー
  3. 準備するもの―パソコン
  4. 準備するもの―音声再生ソフト
  5. 録音のコツ―録音の大切さ
  6. 録音のコツ―録音の具体的なポイント
  7. 起こし方のコツ―音声再生ソフトの設定
  8. 起こし方のコツ―文字化するときのコツ
  9. 起こし方のコツ―ケバ取りする
  10. 起こし方のコツ―よく出てくる言葉は単語登録する
  11. 起こし方のコツ―話者特定の仕方
  12. 起こし方のコツ―不明箇所の時間を入れておく
  13. 起こし方のコツ―起こした原文を残しておく

バナースペース

おもなコンテンツ

佐藤編集事務所

全国各地からテープ起こしのご依頼をお受けしております。大学、自治体、企業等から音声の文字化を受注して25年以上。講演、インタビュー、会議等の音源から、専門のテープ起こしライターがパソコンを使用して正確な書き起こしテキストを作成します。 ご依頼は当サイトの専用フォームから、365年・24時間いつでもお申し込みできます。お見積り無料。

営業時間
(平日)9:00-18:00
ネット受付は年中無休
TEL 050-5534-8054

事務所所在地:千葉県松戸市