本文へスキップ

準備するもの−録音機器はICレコーダー(デジタル音声)がよい

TEL. 050-5534-8054

佐藤編集事務所

音声の録音はICレコーダーがよいHEADLINE

HOMEテープ起こしのコツ → 録音機器はICレコーダーが最適

録音にはICレコーダー(ボイスレコーダー)が最適。

テープ起こしの録音はICレコーダーで

音声を録音し、テープ起こしを始めるのにあたり、取り急ぎ何をそろえておけばよいのでしょうか。まず必要となる重要なアイテムはICレコーダーです。

●ICレコーダー(ボイスレコーダー)が録音機器の主流に

インタビューや講演などの音声録音に用いられる機材はいろいろあります。そのなかでも現在、一般の人が使うレベルで最も普及しているのが、携帯でき持ち運びも便利なICレコーダーです。ボイスレコーダーと呼ばれることもあります。

ICレコーダー単体の製品だけでなく、携帯電話に内蔵されていたり、スマートフォンの録音アプリもあります。携帯やスマートフォンの録音音声は、以前はテープ起こしに使うには音質が悪いとか、音声データの移動等の取扱いがしにくいといった声もありました。

しかし、スマートフォンの機能やアプリは日進月歩なので、将来的にはデジタルカメラと同じように、スマートフォンが録音機器の主流になっていくかもしれません。

●なぜICレコーダーがいいのか

ICレコーダーの録音の仕組みは、音声を電子的な信号に変換し、内蔵した半導体メモリ内にデータとして保存します。 古い機種では、録音データを取り出す際、ICレコーダーのイヤホン端子からテープレコーダーに接続しダビングしたりしていました。

現在市販されている製品の多くは、USBで接続して録音データを読み出し、簡単にファイルをパソコン等に移動できるようになっています。これはテープ起こしをする上で、手間がかからずとても助かります。

また、以前は各社が独自の音声フォーマットを用いていたICレコーダーもありました。しかし近年は、パソコンで扱いやすいMP3形式かWMA形式に対応している製品がほとんどになっています。こうした点も、テープ起こしの音声記録にICレコーダーが好まれる理由の一つになっています。

なお、当事務所が対応している音声ファイル形式は、こちらのFAQをご参照ください。

テープ起こしのコツ−もくじ−
  1. パソコンを使うことが前提
  2. 準備するもの―ICレコーダー
  3. 準備するもの―パソコン
  4. 準備するもの―音声再生ソフト
  5. 録音のコツ―録音の大切さ
  6. 録音のコツ―録音の具体的なポイント
  7. 起こし方のコツ―音声再生ソフトの設定
  8. 起こし方のコツ―文字化するときのコツ
  9. 起こし方のコツ―ケバ取りする
  10. 起こし方のコツ―よく出てくる言葉は単語登録する
  11. 起こし方のコツ―話者特定の仕方
  12. 起こし方のコツ―不明箇所の時間を入れておく
  13. 起こし方のコツ―起こした原文を残しておく

バナースペース

おもなコンテンツ

佐藤編集事務所

全国各地からテープ起こしのご依頼をお受けしております。大学、官公庁、自治体、企業等からICレコーダー等で録音した音声の文字化をお受けし25年以上。講演、インタビュー、会議等の音源から、専門のテープ起こしライターが正確な書き起こしテキストを作成します。 ウェブ発注は当サイトから、24時間いつでもお申し込みできます。見積無料。

営業時間
(平日)9:00-18:00
ネット受付は年中無休
TEL 050-5534-8054

事務所所在地:千葉県松戸市