本文へスキップ

準備するもの−テープ起こしにパソコンは必需品です

TEL. 050-5534-8054

佐藤編集事務所

パソコンは必須のツールですHEADLINE

HOMEテープ起こしのコツ → テープ起こしにパソコンは必須

テープ起こし作業でのパソコンについて。

●ハイスペックなパソコンでなくても用は足ります

テープ起こし パソコンパソコンテープ起こしを行うという前提でお話ししていますので、ここでパソコンについて触れておきます。

テープ起こしの作業に限って言えば、さほどハイスペックなパソコンでなくても、用は足ります。基本的には、音声を聞きながら文字入力していくだけですから。

もちろん、パソコンの性能は低いよりも高いにこしたことはありませんが、いま市販されている新品のパソコンでしたら、大抵は問題ないでしょう。

それから、作業中に不明な言葉などを調べるために、インターネットに接続できたほうが便利です。これも今は問題になる方は少ないでしょう。昔は辞書を引きながらテープ起こししていましたから、本当に隔世の感がありますね。

●疲れにくい環境をつくろう

テープ起こしは長時間の作業になることが多いので、なるべく疲れにくく、作業効率が落ちにくい環境にしたほうがよいです。

テープ起こしの必需品パソコン日頃からパソコンを使ったデスクワークを長時間されている方は大丈夫だと思いますが、そうでない方には結構、ひたすら音声を聴いてテキストへと変換し続けるのは、想像以上にきつい作業のようです。実際、途中まで文字に起こしたけれど挫折した、という方も少なくありません。

私はデスクトップとノート、どちらのパソコンも持っています。しかしテープ起こしを行うときは、画面が大きくて見やすく、キーボードも文字が打ちやすいデスクトップパソコンを使用しています。

そうは言っても、本格的に開業してテープ起こしを始めるならともかく、通常はテープおこしのためにパソコンを買い替えたりするのは、現実的ではないでしょう。今あるパソコンで作業することになると思いますので、こまめに休憩を取るようにしたり、文字の表示を大き目に設定するだけでも、疲労度はずいぶん違ってきます。

近年は、パソコンではなくタブレット端末でテープ起こしを行うライターもいるようです。テープ起こしは打ち込む文字量が多いですし、スピードも必要なので大変そうな気もしますが、私自身がタブレット使用に慣れていないので実際のところはよくわかりません。さすがにスマートフォンでテープ起こしの仕事をしているライターは、私の知る限りではいませんね。

テープ起こしのコツ−もくじ−
  1. パソコンを使うことが前提
  2. 準備するもの―ICレコーダー
  3. 準備するもの―パソコン
  4. 準備するもの―音声再生ソフト
  5. 録音のコツ―録音の大切さ
  6. 録音のコツ―録音の具体的なポイント
  7. 起こし方のコツ―音声再生ソフトの設定
  8. 起こし方のコツ―文字化するときのコツ
  9. 起こし方のコツ―ケバ取りする
  10. 起こし方のコツ―よく出てくる言葉は単語登録する
  11. 起こし方のコツ―話者特定の仕方
  12. 起こし方のコツ―不明箇所の時間を入れておく
  13. 起こし方のコツ―起こした原文を残しておく

バナースペース

おもなコンテンツ

佐藤編集事務所

全国各地からテープ起こしのご依頼をお受けしております。大学、自治体、行政機関、企業、個人等から音声の文字化を託され25年以上。講演、インタビュー、会議等の音源から、専門のテープ起こしライターが正確な書き起こしテキストを作成します。 ご依頼は当サイトの専用フォームから、24時間いつでもお申し込みできます。見積無料。

営業時間
(平日)9:00-18:00
ネット受付は年中無休
TEL 050-5534-8054

事務所所在地:千葉県松戸市