本文へスキップ

準備するもの−テープ起こしに適した音声再生ソフトは

TEL. 050-5534-8054

佐藤編集事務所

音声再生ソフトを選ぶコツHEADLINE

HOMEテープ起こしのコツ → 音声再生ソフトを選ぶコツ

録音音声を聴く音声再生ソフトについて。

●音声は再生ソフトの利用が便利

パソコンでテープ起こしをするときは、録音した音声を再生するソフトを使うと便利です。

録音音声が収録されているICレコーダーから直接、音声を聞き取る方法もありますが、おすすめはしません。作業もしづらいですし、時間も余計にかかります。音声データを消去してましうような操作ミスもあり得ます。また、頻繁にボタン操作をしますから、ICレコーダーの故障の原因にもなります。

テープ起こしに使用できる音声再生ソフトは、実際にはいろいろあります。というか、どのソフトでもやろうと思えばテープ起こしはできます。要は、使い勝手がいいかどうかの違いです。

好みの問題もあり、一概にどのソフトがいいとも言えないので、ご自身でいくつか試されて、使いやすいものでよいと思います。私の個人的なこだわりで言うと、再生や巻き戻しの操作をキーボード上でできるソフトがいいと思います。

●現時点で一番人気のソフトはこれ

現時点で、テープ起こしライターにもっとも使われているソフトは、恐らく「Okoshiyasu2」でしょう。これはフリーソフトになります。ちなみに、当事務所のスタッフも「okoshiyasu2」を使用しています。

意外とシンプルなソフトで、これで大丈夫かと思われるかもしれませんが、使ってみるとなかなかスグレモノです。また、シンプルなだけに難しい設定もなく、操作もすぐに覚えられます。

プロのライターを目指す方はもちろん、編集関係のお仕事をされている方や、会社等でテープ起こしの作業をする機会の多い方にもおすすめです。

Windowsのパソコンを使われている方ですと「Windows Media Player」で音声を再生される方もいらっしゃると思います。あくまでテープ起こしの作業に関してですが、使い勝手はあまりよくないというライターさんが多いですね。

テープ起こしの仕事ゃ作業に役立つソフトはこの他にもいろいろありますし、新しいソフトも時々登場しています。最新の情報はネットなどで検索してお調べください。

テープ起こしのコツ−もくじ−
  1. パソコンを使うことが前提
  2. 準備するもの―ICレコーダー
  3. 準備するもの―パソコン
  4. 準備するもの―音声再生ソフト
  5. 録音のコツ―録音の大切さ
  6. 録音のコツ―録音の具体的なポイント
  7. 起こし方のコツ―音声再生ソフトの設定
  8. 起こし方のコツ―文字化するときのコツ
  9. 起こし方のコツ―ケバ取りする
  10. 起こし方のコツ―よく出てくる言葉は単語登録する
  11. 起こし方のコツ―話者特定の仕方
  12. 起こし方のコツ―不明箇所の時間を入れておく
  13. 起こし方のコツ―起こした原文を残しておく

バナースペース

おもなコンテンツ

佐藤編集事務所

全国各地からテープ起こしのご依頼をお受けしております。大学、地方自治体、企業等から音声の文字化を託され25年以上。講演、インタビュー、会議等の音源から、専門のテープ起こしライターが正確な書き起こしテキストを作成します。 ご依頼は当サイトの専用フォームから、24時間いつでもお申し込みできます。見積無料。

営業時間
(平日)9:00-18:00
ネット受付は年中無休
TEL 050-5534-8054

事務所所在地:千葉県松戸市