本文へスキップ

テープ起こしのコツ−文字化するときのコツについて

TEL. 050-5534-8054

佐藤編集事務所

音声を文字化するときのコツHEADLINE

HOMEテープ起こしのコツ → 音声を文字化するときのコツ

文字化のコツは、細かい箇所にこだわりすぎない。

●話し方も録音状態も千差万別です

テープ起こしを行ってみるとわかりますが、水が高い所から低い所へ流れるように、何の問題もなくスムースに音声を文字化できるとは限りません。人の話し方も、話されている内容も、また録音状態もさまざまです。

アナウンサーが原稿を読んでいるような、クリアで聞き取りやすく、内容もわかりやすい音声というのは、むしろ例外と思ったほうがいいでしょう。

まして、仕事として文字起こしを行うとなれば、少々聞き取りにくい案件も起こして、文書にまとめていかなければなりません。ですから、どのような音声であっても、作業効率やクオリティを落とさずにテープ起こしを行えるコツを覚えておくことは、ぜひ身につけておきたいスキルと言えます。

●重要でない言葉にこだわりすぎないのがコツ

そこで、音声を文字化するときに覚えておきたいコツがあります。

それは、テープ起こしの作業を始めたら、聞き取りにくい言葉が多いときは、そういった箇所にあまりこだわりすぎないほうがよいです。この言葉がわからないと内容がまったくわからないといった重要な言葉は別ですが、わからなくてもさほど影響のない言葉は伏字にしたりしておいても構わないです。

そうしていかないと、長い長いテープ起こしの作業はいつまでたっても進まないです。目的地まで歩いて行くのに、ことあるごとに立ち止まってばかりいたり、道草を食っていたらなかなか到着しないのと同じことです。実際、最後まで起こせずに、途中で私どもの業者に依頼してこられる方もときどきおられます。

私どものような専門業者はこれが仕事ですから、細かい箇所もこだわって、可能な限り正確にテープ起こしをしています。しかし、一般の方、特に初めてテープ起こしをされるような方は、いい意味でいい加減なほうがよいといえます。このあたりは結構、作業する人の性格も影響しますけれどね。

テープ起こしのコツ−もくじ−
  1. パソコンを使うことが前提
  2. 準備するもの―ICレコーダー
  3. 準備するもの―パソコン
  4. 準備するもの―音声再生ソフト
  5. 録音のコツ―録音の大切さ
  6. 録音のコツ―録音の具体的なポイント
  7. 起こし方のコツ―音声再生ソフトの設定
  8. 起こし方のコツ―文字化するときのコツ
  9. 起こし方のコツ―ケバ取りする
  10. 起こし方のコツ―よく出てくる言葉は単語登録する
  11. 起こし方のコツ―話者特定の仕方
  12. 起こし方のコツ―不明箇所の時間を入れておく
  13. 起こし方のコツ―起こした原文を残しておく

バナースペース

おもなコンテンツ

佐藤編集事務所

全国各地からテープ起こしのご依頼をお受けしております。大学・大学院、NPO、NGO、各種団体、企業、個人から音声の文字化を託され25年以上。講演、インタビュー、会議等の音源から、専門のテープ起こしライターが正確な書き起こしテキストを作成します。 ご依頼は当サイトの専用フォームから、24時間いつでもお申し込みできます。見積無料。

営業時間
(平日)9:00-18:00
ネット受付は年中無休
TEL 050-5534-8054

事務所所在地:千葉県松戸市