本文へスキップ

テープ起こしのコツ−起こした文章のケバ取りをする

TEL. 050-5534-8054

佐藤編集事務所

ケバ取りで話し言葉を読みやすくするHEADLINE

HOMEテープ起こしのコツ → ケバ取りして読みやすくする

ケバ取りで、不要な箇所を取り除きながら起こします。

●話の内容とは明らかに関係のない不要箇所を取り除く

前項の「文字化するときのコツ」でも説明したとおり、テープ起こしする際は談話分析 など研究目的や裁判証拠とすテープ起こし ケバ取りるとき以外は、一字一句間違いなく音声を文字化する必要はありません。

どこまで正確に起こすかはケースバイケースにはなりますが、 話の内容と明らかに関係なく意味もない言葉や音、たとえば話し始めの「 あー」や「えー」などは起こしながら取り除いていきます。この作業は「ケバ 取り」と呼ばれます。

テープ起こし・文字起こしの仕事をするうえで大切にしているのは、「お客様にとって読みやすいこと」です。ケバ取りはそのために必要不可欠な作業になります。

●ケバ取りすると読みやすくなります

ケバ取りの具体的な方法については、「起こし方/コース」ページに記載している標準 コースのところで説明していますので、ご参考にしていただければと思います 。

ケバ取りをすることで、テープ起こしの作業自体の効率をよくすることができます。さらに、余計な箇所が取り除かれるので、起こした文書がすっきりとして読みやすくなります。

ちなみに、当事務所で行うテープ起こしは、このケバ取りまで行うのが標準的なコースになります。無駄な部分も含めて一字一句正確に起こす場合は「逐語起こし」といい、ご希望がありましたら逐語起こしで起こすこともしておりま す。

テープ起こしのコツ−もくじ−
  1. パソコンを使うことが前提
  2. 準備するもの―ICレコーダー
  3. 準備するもの―パソコン
  4. 準備するもの―音声再生ソフト
  5. 録音のコツ―録音の大切さ
  6. 録音のコツ―録音の具体的なポイント
  7. 起こし方のコツ―音声再生ソフトの設定
  8. 起こし方のコツ―文字化するときのコツ
  9. 起こし方のコツ―ケバ取りする
  10. 起こし方のコツ―よく出てくる言葉は単語登録する
  11. 起こし方のコツ―話者特定の仕方
  12. 起こし方のコツ―不明箇所の時間を入れておく
  13. 起こし方のコツ―起こした原文を残しておく

バナースペース

おもなコンテンツ

佐藤編集事務所

全国各地からテープ起こしのご依頼をお受けしております。大学、行政機関、企業等から音声の文字化を託され25年以上。講演、インタビュー、会議等の音源から、専門のテープ起こしライターが正確な書き起こしテキストを作成します。 ご依頼は当サイトの専用フォームから、24時間いつでもお申し込みできます。見積無料。

営業時間
(平日)9:00-18:00
ネット受付は年中無休
TEL 050-5534-8054

事務所所在地:千葉県松戸市