本文へスキップ

メディア関係からテープ起こしをお受けしています

TEL. 050-5534-8054

佐藤編集事務所

メディア関係/テープ起こしお取引先HEADLINE

HOMEお取引先の業種・分野 → メディア関係のテープ起こしについて

メディア関係からテープ起こしをご利用いただいております

テープ起こし・メディア関係 メディア関係からは、テープ起こしのご依頼をよくいただきます。 出版社などメディア関係とテープ起こしは、古くから強い関係性があります。その理由は、書籍や雑誌などの発行物をつくる過程で、テープ起こしが必要となる場合があるためです。

さらに近年は紙の媒体だけでなく、電子書籍などデジタルコンテンツの作成にもテープ起こししたテキストは大いに活用されています。

当オフィスにおきましても、長年にわたり多数のテープ起こしをメディア関係からお受けし、音声文字化の作業を担当させていただいております。

●出版社

書籍原稿や雑誌記事の作成にテープ起こしを活用するのは、古くから行われてきたことです。当事務所でも、大手から中小まで多数の出版社とお取引があります。月刊誌など定期刊行物とも数誌と契約しております。 出版社ではなく編集プロダクションなど制作系の会社からも同じく依頼がきます。

●電子書籍の発行元

近年、急速に増えているのが、電子書籍の作成にテープ起こしを利用するケースです。本の内容にもよりますが、テープ起こしを利用することで低コストかつスピーディーに作成できます。また特徴としては、従来の出版社だけでなく、一般企業や個人事業主などからの依頼も多いです。

●新聞社

新聞社が発行する書籍、あるいは新聞社が主催・共催するイベント(講演やシンポジウムなど)の関連でテープ起こしをご利用いただいております。

●放送局

当事務所では少ないですが、テレビ番組のテロップ作成などのためにテープ起こしをご利用いただいております。また、テレビ・ラジオ番組の録音から書籍など印刷物を作成するためにご依頼いただくこともあります。
※無許可で録音した番組音声のテープ起こしはお受けできませんのでご了承ください。

●フリーの編集者・ライター

出版社や編集プロダクションからではなく、書籍や雑誌記事の編集・ライティングを請け負っているフリーの編集者・ライターさんから、テープ起こしのご依頼をいただくことも多いです。
この場合、純粋に個人でご依頼ということもありますが、ライターさんがとりあえず立て替えたり窓口になるだけで、最終的にお支払いは出版社等になることもありますね。

関連ページ


お取引先の業種・分野 トップーページへ

バナースペース

おもなコンテンツ

佐藤編集事務所

全国各地からテープ起こしのご依頼をお受けしております。大学、マスコミ関係、企業等から音声の文字化を託され25年以上。講演、インタビュー、会議等の音源から、専門のテープ起こしライターが正確な書き起こしテキストを作成します。 ご依頼は当サイトの専用フォームから、24時間いつでもお申し込みできます。見積無料。

営業時間
(平日)9:00-18:00
ネット受付は年中無休
TEL 050-5534-8054

事務所所在地:千葉県松戸市