本文へスキップ

テープ起こし文書はWordで作成します

TEL. 050-5534-8054

佐藤編集事務所

起こした文書の書式についてHEADLINE

HOME文字の起こし方・コース → 起こした文書の書式について

起こした文書の書式について

■テープ起こしした文書はWordで作成します

テープ起こし(文字起こし)により音声を文字化した文書は、文書作成ソフトのMicrosoft Wordを使って作成いたします。

通常はWord文書のまま納品しておりますが、テキスト形式やExcelでの保存・納品も可能ですので、もしそのようなご希望があるときご依頼時にお問合せください。

なお、Wordで作成する文書のおもな書式設定は以下のとおです。

■書式の基本設定
  • 用紙: A4サイズ
  • フォント: MS明朝、10.5ポイント
  • 行数: 36行程度
  • 文字数ː 1行40字程度
  • 余白: Wordの標準設定

■文書の見本

テープ起こし(文字起こし)した文書の作成例は、以下にようなイメージになります。
発言の冒頭に話者名、全角スペースを空け、発言本文を記します。 発言と発言の間は1行空けますが、短い会話が延々と続くような案件の場合は、1行空けないで文書作成する場合もあります。

文書作成例)

山田 これより会議を始めます。まず、昨年実施したキャンペーンについて担当者から報告
をお願いします。

鈴木 はい。それではキャンペーン後に実施しました顧客アンケートの集計結果について、
私から報告いたします。 お手元の資料1をご覧ください。

山田 ちょっと待ってもらえますか。この会議には新人も多く出席しているので、集計結果
を報告する前に、アンケート実施の目的についてあらためて説明してほしいのですが。

鈴木 承知いたしました。

●上記会話のWord文書をPDFファイルにした見本はこちらです。→テープ起こし見本文書(PDF)
※実際の納品はWord文書です。PDF化はしません。

・書式の指定について

お客様のほうでご希望の書式がありましたら、ご指定いただければ可能な範囲で対応いたします。 ただし、書式の指定が細かくなると、指定通りに作成できなかったり、当方のWord上では問題がなくても、お客様のWordで開いたときにレイアウトの崩れ等が生じる場合がございます。 書式のご指定はあまり複雑にならないようお願いいたします。

また、ご研究用などで、Excelでのテープ起こし文書作成が必要な場合も承っておりますので、ご依頼の際にお問い合わせください。

なお、文字の起こし方については、当事務所では「標準コース」「リライトコース」の2コースを設けております。くわしくは、「起こし方」のページをご覧ください。

文字の起こし方/コースの関連ページ

バナースペース

おもなコンテンツ

佐藤編集事務所

全国各地からテープ起こしのご依頼をお受けしております。大学、地方自治体、企業等から音声の文字化を託され25年以上。講演、インタビュー、会議等の音源から、専門のテープ起こしライターが正確な書き起こしテキストをWordで作成します。 ご依頼は当サイトの専用フォームから、24時間いつでもWEB発注できます。見積は完全無料。

営業時間
(平日)9:00-18:00
ネット受付は年中無休
TEL 050-5534-8054

事務所所在地:千葉県松戸市